2013年5月 記事一覧

   

今月は、何と!!
2回もシネマービレッジが開催されました。ヽ(^o^)丿
本日の上映作品は、「のぼうの城」
最新作です。

もともとは、2007年に出版された書籍から映画化された作品で、
豪華俳優陣が豪華。

入居者様の感想は。
「登場人物が多く、誰が誰だか思いだすのが大変でストーリーは良いと思うのだけど・・・。」
と、今回は少し残念な感想が寄せられました。

又次回の作品が楽しみな、シネマービレッジでした。

Writer: 花野 亜紗子

☆料理教室☆

2013年5月31日 | カテゴリー: シルバービレッジ日野

 

5/28 (火) 料理教室がありました(*^。^*)今回はキーマカレーとマカロニサラダです。

役割分担を決めて、手際よく作業をされていました!玉ねぎのみじん切り、皆様早かったです!

料理をしている姿、素敵でした!!私も料理が出来るよう頑張らなきゃとおもいます・・・(^_^;)

上手にできあがり、とても美味しそうに召し上がっていました!

Writer:近藤 ひかる

『音楽療法♪』

2013年5月31日 | カテゴリー: シルバービレッジ日野

  
5/27(月)
午後のレクリエーションは音楽療法を行いました。

曲は、・夏は来ぬ
    ・鐘の鳴る丘
    ・埴生の宿
    ・高原列車は行く    でした!! 

高原列車は行く では、ハンカチを振りながら、歌いました。

歌を歌いながらだと、体が動かしやすくなりますね!!

皆様とっても楽しそうでした(*^_^*)

Writer:近藤 ひかる

    
 
   

続きましては、介護部川上を筆頭に結成をされた鳥取県の名物踊り、
「しゃんしゃん踊り」を、介護部6名、看護部1名、事務部1名総勢8名で踊りました。

(実は私も事務部の一人として参加させて頂きました♪)

一青 窈(ひととよう)の曲目ハナミズキに載せて踊り、皆様から拍手喝さいを頂く事が出来ました。
川上が何故この曲を選曲したのか?
歌詞の中で「君とすきな人が百年続きますように・・・。」と言うフレーズがあり、
その部分に肖り「シルバービレッジ日野がこの先百年続きますように・・・。」との思いがあり選曲をしたと、
舞台上で皆様に説明をしておりました。

そんな川上ですが、踊り子の紹介の際に1人の名前を本気で間違えてしまい(同じ介護部職員(笑))、
ホールは爆笑に包まれて、職員による全ての余興が終了致しました。

最後に、介護部岡田が編集を務めた入居者様、ご家族様、職員との10年間の思い出を凝縮した映像を
上映しました。
懐かしい映像から、現在に至るまで様々な映像が流れ、皆様の色々な声がホールで飛び交っていました。

とても素敵な、日野10周年記念パーティーになりました。

Writer: 花野 亜紗子

 

午前中に司会を務めた青木からバトンタッチをし、
午後はヘルパー長の奥本が務めスタートしました!!

まずは10周年のお祝いとして、くすだま割りを行い、
職員にて用意をしていた風船を天井より降らせて、午後の部開演です(^◇^)
(その後、ご入居者様へ風船をお配りしました。その風船をペンライトの様に持ちながら、
職員による余興の応援をして下さっていました(笑)(^○^))

職員の余興が始まり、
白鳥の湖、プリマ 介護部 池上がトップバッターを務めました。
皆様より、「綺麗~」とのお褒めの言葉を頂いた池上。
記念パーティーの準備の傍ら、一生懸命踊りを覚えてジャンプをしている姿を何度か目撃!!
無事、本番で成功をしたようです。(p_-)

続きまして、介護部の男性陣による同じくバレエが始まりましたヽ(^o^)丿
皆様の大きな笑い声が一声にホールに響きました♪
でもそれは最初だけで、一生懸命に踊っている4人の姿を見て、後半では皆様真剣に見ていらっしゃいました。
この踊りは大変ハードで、男性4人は汗を沢山、沢山かきながら練習を頑張っていました。
前日のリハーサル時も、不安で一杯の声を聞いていましたが、本番では大成功を収めたようです。
奥本より、それぞれ4人が誰だか分からない方もいるのでは?
との配慮で、自己紹介を行い又大きな笑いをとっていました。

Writer: 花野 亜紗子