介護小説 衣裏の宝珠たち(いりのほうじゅたち) 19

2010年9月26日 | 介護小説 衣裏の宝珠たち

*この物語はフィクションであり、物語に登場する人物・団体等
 は全て架空のものであります。

第19話 長宗我部さんの女性論ということ 

  「きゃあー主任!また室井さんが、室井さんが!」
  「ええ!またー!中村さん、どこ、どこ!」
  「こっちです、主任!」
  「あ!室井さん!ダメですよ、長宗我部さんをヘッドロックしちゃー!」

  「アイタタタタタ」
  「こりゃ、チョー、まいったか、こりゃ」
  「室井さん、離れて。―――もう、何があったんですか」
  「オーイタタタタタ」
  「ふん、例によって例じゃよ。うるさいったらありゃしない、ふん」
  「え?あ、じゃあ、またあの短歌を詠んでいたんですか」
  「そうじゃよ、まーったくうるさいったらありゃしない。なーにが、≪君恋し…≫
   だ、お前はそれしか言えんのか、アホたれ」
  「………」
  「いいじゃないですか、別に誰に迷惑かけている訳ではないんだし」
  「俺は迷惑じゃよ、聞きたくもない俳句なんか!」
  「……短歌です……」

  「な…なにをー、こいつ、口が減らんやつじゃ!」
  「アイタタタタタ」
  「室井さん!だからダメですって!んもう、室井さんも室井さんですよ、いいじゃ
   ないですか、歌を詠むくらい、そんなに怒らなくても」
  「ふん、こいつが女たらしじゃからよ」
  「え?どうしてです?」
  「こいつは、米田のばあさんと付き合っているにもかかわらずだ、まーだ、留守さん
   をあきらめきれん。いいか、チョー!二股かけよう、なんて男の風上にもおけん」
  「そ、そうなんですか……長宗我部さん…」
  「い、いえ、私はただ、自分の気持ちを正直に女性に伝えているだけです」
  「………」

  「これは罪ですか、高村主任さん。女性に愛を伝えることは罪なんでしょうか」
  「い…いえ…そんなことは…」
   「齢(よわい)を重ねても、女性を好きになることは罪悪なんでしょうか、あの
   トルストイもそんなことを言いましたか?」
  「え?ト、トルト……スイ?」

  「トルストイです。例え副腎ホルモンが減少したとしても、私という、こころが
   それを超越しているんですよ、そして愛が生まれるんです!」
  「え…ええ…」
  「な?こいつ、おかしいだろ」
  「モーパッサンの≪ 女の一生 ≫を読みましたか?」
  「モー…パスタ…?」
  「モーパッサンです!」

  「い、いえ…あ、ははは、私は本が苦手で…はは」
  「ダメです!」
  「え?」
  「ダメですよ、それじゃー!女でこの世に生まれながら、くっー!嘆かわしい!」
  「は、はあ…」
  「な?段々腹が立つじゃろ、この男には」
  「石川さゆりですよ!」
  「へ?」
  「石川さゆりです!知ってますか!」

  「は、はあ…知っていますけど…な、なんか唐突すぎて…」
  「なんだこいつ、また訳の分からんことを言い始めたぞ」
  「♪隠しきれーないー移り香がー、いつしかあなーたにー、浸みーついたー♪」
  「今度は歌いだした!」
  「♪誰かに盗らーれるー、くーらいならー♪はい!」
  「え?」
  「主任さん、この次!」
  「え…ええと…」
  「♪あなたをころーしてーいいーですーかー♪でしょ!」
  「は…はあ…」
  「こいつ、結局自分で歌いきりやがった」
  「≪ 天城越え ≫です!」

  「え、ええ、それは知っていますが…」
  「女の情念を歌っています」
  「そ、そのようですね…」
  「情念はありますか?」
  「じょ…情念というのは…どうも私には…」
  「私にはあります!」
  「お、女の情念が…ですか…」
  「あるというか、分かるんですよ、私には」
  「は…はあ…」
  「主任さん、こんなバカと関わるだけ時間のムダじゃよ、ほれ、もう送迎の時間
   じゃろに、準備せんでいいのか」
  「あ、そ、そうですね、準備に行かないと。長宗我部さん、楽しいお話しをありがと」
  「訓練されておるねー、さすが主任さんになると。あんたのほうがよっぽど偉いぞ」
  「高村主任さん!まだです、まだですよ、これからが核心なんですよ!」
  「これ、チョー。お前みたいなのに付き合っている暇はないんだって、主任さんは」
  「ここからなんですよ、留守さんも米田さんも、私に恋焦がれる理由は!」
  「は?お、お前、なんちゅう解釈してるんだ、おめでたい奴だ…」
  「あ、あははは、長宗我部さん、有難うございました。また続きは来週聞かせて
  下さいね。とてもためになりました」
  「高村主任さん、独身でしょ。なぜか分かりますか?」
  「え?」
  「主任さん、チョーにヘッドロックしていいなら、いつでも合図をくれ」
  「一体なぜか?ご自分で問いかけたことありますか?」
  「と、とくには…」
  「でしょ!だから今もって独り身なのです!」
  「は、はあ…」
  「いつでもいいぞ、ヘッドロックする準備はできてるぞ」
  「その答えは、私が知っています」
  「あ、いえ、私はただ単純にまだ独りのほうが楽だからと、それだけなんですけど…」
  「違います!」
  「へ?」
  「私には分かります。その答えは!」
  「いつでもいいぞ、やるか主任さん?」
  「その答えは、実はですね!」
   パチ(高村主任のウインク)
  「こりゃーチョー!」

  「あ!アイタタタタタタ!アイタタタタタ!」
  「さ、送迎の準備に行ってこよっ」

トラックバック 0件

トラックバックURL : http://www.silvervillage.co.jp/cgi-bin/blog/?p=2598/trackback